2014年09月15日

アイフォンの旧型機種の下取りに最大4万3200円分のポイント

NTTドコモは14日、19日に発売する米アップルの新型スマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)6」と「同6プラス」の販売戦略を発表した。

 10月末までの期間限定で、他社からの乗り換えで「6」か「6プラス」を2年契約する場合、アイフォーンの旧型機種の下取りに最大4万3200円分のポイントを付与する。従来のポイント上限は2万1600円分だった。下取り価格の大幅な上積みで他社のアイフォーン利用者を奪う姿勢を鮮明にした。

 また、25歳以下の顧客に対しては、音声通話とデータ通信が使い放題となる新料金プランへの申し込みなど一定条件を満たせば、最大で計1万368円割り引くキャンペーンも始める。

 端末価格は、新規契約や他社からの乗り換えで2年契約の場合の実質負担額を、「6」の最安モデル(記憶容量16ギガバイト)はKDDI(au)、ソフトバンクモバイルと同じ0円とした。「6プラス」の最安モデルは1万2960円。

 容量の大きい一部モデルは、競合2社より負担額が大きいものもあるが、下取りなどのサービスの拡充で対抗する。
posted by everyone at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

携帯電話大手3社がiPhone6の予約開始

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話大手3社が12日、米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」の予約を一斉に始めた。3社とも画面サイズが4.7インチの「6」の最下位モデルは実質0円とする。新モデルは処理性能や通信機能が強化されたが、3社とも現行機種と同じ価格水準を維持。19日の発売に向け、顧客争奪戦が早くも熱を帯び始めた。

 予約の受け付けは午後4時に始まり、KDDIとソフトバンクモバイルが価格を発表。13日以降に価格を正式に発表するドコモも含め、記憶容量が16ギガバイトの「6」は新規契約か「MNP(番号持ち運び制度)」を利用した2年契約の場合、実質0円で端末を提供する。その他のモデルの実質負担額は新規契約かMNPの場合、KDDIはソフトバンクよりも240円安い。

 多額の現金還元による顧客の囲い込みは批判を浴びたため、各社は新たな販売促進を手探りしている。KDDIはMNPによる乗り換えで条件を満たした場合、プリペイド式のサービス「auウォレット」で1万円分の電子マネーをプレゼントする。石川雄三執行役員専務は「現金還元で勝とうとは思わない」と話す。ソフトバンクは「5s」と「5c」「5」から「6」(16ギガバイト)に機種変更する場合、端末の実質負担額を0円にするキャンペーンで対抗。さらに2年分合計の通信料金から1万800円を割り引く。

 一方、新機種は毎秒最大150メガビットの高速データ通信に対応し、通信規格も現行の「LTE」に加えて周波数効率が高い「TD−LTE」もサポートするなど通信機能が向上するため、3社のネットワーク環境の違いが浮き彫りになりそうだ。

 KDDIは、毎秒最大150メガビットに対応する基地局の整備計画を前倒しして、年内に現在の1万局から2万局に増やす。2000局のドコモと比べて「圧倒的な差になる」(石川氏)。

 NTTドコモは「5s」「5c」用に毎秒最大100メガビットのLTEサービスを現在提供しているが、東名阪だけながらも新機種は150メガビットでの利用が可能で「専用周波数のため相当の通信速度が期待できる」(同社)。

 150メガビットの通信網を持たないソフトバンクは新機種の性能をフルに活用できないが、TD−LTEサービスで先行。「毎秒最大110メガビットながらも全国網の強みを生かせる」としている。
posted by everyone at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

元AKB48の渡辺志穂が4歳年上の男性と入籍した

元AKB48でタレントの渡辺志穂(26)が15日、ブログで4歳年上の男性と入籍したことを発表した。元AKBの前田敦子もツイッターで「しほちゃん!おめでとう」と祝福。篠田麻里子もツイッターで喜びを伝えるなど、AKB仲間たちに祝福の輪が広がっている。

 前田は渡辺のツイッターに「しほちゃん!おめでとう」とお祝いリツイート。「あっちゃん、ありがとーー」と返信されると、「お祝いしなきゃ!まりこと!」と篠田と結婚を祝う計画を伝えた。このツイートに今度は早速、篠田が「じゃーん」と喜びの顔文字とともに反応していた。

 渡辺はブログで「本日9月15日に入籍いたしました。お相手は4つ年上の、頼れる優しい方です。これからの人生、2人で力を合わせて温かい幸せな家庭を築いていきたいと思います。」と結婚を報告。

 挙式は来年といい、「まだまだ実感できていない部分もありますが、私らしく彼をサポートしていきたいです。今後とも温かく見守って頂けたら嬉しいです。」とつづった。

 自身の結婚がネットニュースになると、渡辺はツイッターで「えーー!今何も活動してないのにニュースになるなんて。。笑」と驚いていた。
posted by everyone at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

さんまのスーパーからくりTVかつて辞めようとしたことがあった

明石家さんま(59)が13日に放送された大阪・毎日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。22年間にわたって司会を務め、7日に最終回を迎えたTBS「さんまのスーパーからくりTV」を、かつて辞めようとしたことがあったと“秘話”を明らかにした。

【写真】木田GM兼投手と場内一周する明石家さんま

 ラジオの終盤、からくりTVのレギュラーを務めたタレントの西村知美(43)が5日につづったブログが紹介された。

 「22年間の間に辞めなければ…と思ったことも過去何度もありました。でも、さんまさんがお食事会の際、ボソッと言ってくれたある一言で気持ちが救われました。そして、私は心の中で『番組を降ろされない限り、最後まで皆さんと一緒に卒業しよう』と誓いました!!さんまさんは覚えていないかもしれないけれど、そうやって、さりげなく私たちを守ってくれていたんですね」

 これに、さんまが反応した。

 「これは事実でね。せっかく大ヒットした番組で、TBSさんが(レギュラーを)若いメンバーに入れ替えてやりませんか、と。いやいや、大ヒット番組を築いたメンバーを変えるわけにはいかないし。もしTBSさんが替えるというなら、オレも一緒に辞めます、と。ここまで作ってくれた人たちやんか。それを替えるって、テレビ局的には分からんではないんですけども、王道を作ってきた人たちは残るべきやんか」

 若返りを図った局サイドに対し“抵抗”。レギュラー陣を“守り”長寿番組につなげた。
posted by everyone at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

氷室は来年、ラスト公演を予定。共演を熱望している布袋

ギタリストの布袋寅泰(52)が11日、新作アルバム「New Beginnings」(10月1日発売)の試聴会を都内で行った。スポニチ本紙などの取材にも応じ、ロックバンド「BOφWY」の盟友で、ステージ活動からの引退を表明した氷室京介(53)について言及した。

【写真】横浜スタジアムで“ラストライブ”を行った氷室京介

 氷室の表明翌日の7月14日、ブログで「せめて1曲でも 隣でギターを弾かせてほしい」とつづったが「無理やり隣で弾かせてくれとは言わないが、その思いは変わっていない」と強調。移住先のロンドンで引退宣言を伝え聞き「すごいびっくりした。耳の調子が悪いみたいで心配だ。ともに戦ってきた同志。氷室さんには氷室さんの考え方があるのだろう」と、両耳の聴力悪化を原因とする“幕引き”に理解を示した。

 氷室は来年、ラスト公演を予定。共演を熱望している布袋だが、自ら呼びかけるつもりはなく「自然の流れに任せたい」。一方で「できることであれば直接お話ししたい」とも語った。

 「BOφWYを再結成したいか」と聞くと、「僕はなんとも…」と言い、5秒ほど沈黙。「(BOφWYは)ファンのものでもあるが、(メンバー)4人のものでもある。あのころに戻れるかといえば、難しいかもしれない」と続けた。
posted by everyone at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

子供たちの間で『妖怪ウォッチ』が大ブーム

今、子供たちの間で『妖怪ウォッチ』が大ブームを巻き起こしている。今年7月10日に発売したニンテンドー3DS用ソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』は、販売本数が240万本を突破(メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキング/9月1日〜9月7日)。アニメやコミックなどメディアミックスも盛んに行われ、人気の玩具にいたっては発売と同時に即完売。もはや社会現象と呼ばれるまでになっている。特に、今年から放映が開始されたアニメは夕帯の激戦区にも関わらず、高視聴率を記録。あの“ポケモン”をも上回っているというから驚きだ。

 アニメが話題になると、当然ヒットするのが主題歌。本作も例にもれず、オープニングテーマ『ゲラゲラポーのうた』は、発売初週に2万枚以上を売り上げ、オリコンチャートの4位にランクイン。新小学1年生が好きな歌ランキングでも堂々の1位に輝くなど、注目が集まっている。

 歌っているのは、キング・クリームソーダという男女3人組ユニット。ラップ担当のゲラッパーにZZROCK(ジージーロック)、そしてメインボーカルのマイコというメンバーからなるが、それぞれの詳細なプロフィールは(公式には)明かされていない。さらには、結成理由も「妖怪の仕業」とされており、本作のための特別ユニットとみるのが正しいようだ。とはいえ、表舞台には登場しないのかというとそうではなく、この夏は「a−nation island」にも出演。さらには、他局の音楽番組「ミュージックステーション」に生出演するなど徐々に露出の機会も増やし、年末の紅白出場にも期待がかかっている。

 楽曲はというとラップが入っていたり、演歌調のフレーズがあったりと変化に富んだメロディラインは一聴するとちょっと気味が悪い。しかし、この違和感こそが中毒性の正体。曲の頭と終わりが「ゲラゲラポー」の繰り返しで永遠にループできてしまう構成も、何度も聴かせるための仕掛けだ。

 子供向けアニメのテーマソングとしてヒットした例と言えば、思い当たるのがB.B.クイーンズの『おどるポンポコリン』。これは『ちびまる子ちゃん』の主題歌として長きにわたり使用された楽曲で、リリース時のオリコン年間シングルチャートでは1位を記録したほど。また、『妖怪ウォッチ』以前に子供たちの人気を独占状態にあった『ポケットモンスター』から生まれた『ポケモン言えるかな?』も、当時多くの子供たちに口ずさまれた。
どれもリズミカルで楽しげな曲調であることはもちろんのこと、「ゲラゲラポー」だったり、「ピーヒャラピーヒャラ パッパパラパ」のような無意味だけど耳に残るフレーズもポイントだ。アニメはその時その時間帯にしか見られないが、楽曲であれば、街中などさまざまな場所で耳に入ってくる。つまりは刷り込みが行われ、口ずさむようになる。アーティストにネームバリューがあるとか、露出が多いなどとは無関係に、ひたすらこの原始的なアプローチに支えられ広まっていくのが特徴的だ。実際、『ゲラゲラポーのうた』は、それまでアニメを観たことがなかった子供たちも、学校や幼稚園等でほかの子供たちが歌うのを耳にして、知ったという事例も多いそう。いかに子供の口コミにうまく乗れるかが、ヒットの大前提にあるというわけだ。

 子供向けコンテンツが一度当たると大きいと言われる理由が、こちらが探さずとも勝手にターゲットが生まれ続けることにある。たとえ、今夢中になっている子供たちが成長しても、次なる世代が下に控えている。その繰り返しで息の長いヒットが見込めるのだ。『妖怪ウォッチ』もこの勢いを見る限り、今後数年は一大コンテンツとして台頭するのは間違いない。つまりはこの“ゲラゲラポー”、数年後の未来までヒットし続けることを確約された稀有な楽曲なのである。
posted by everyone at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

ダウンタウン松本人志、解散説「ナインティナイン」コンビ論を語った

「ダウンタウン」の松本人志(50)が14日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。一部で解散説もささやかれた「ナインティナイン」を引き合いに“コンビ論”を語った。

【写真】解散説を否定したナインティナイン

 ナインティナインは20年半続いたニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」を9月いっぱいで終了し、10月から岡村隆史(44)が単独でパーソナリティーを務めることから、ネットなどでは解散説も浮上した。2人は解散について完全否定しているが、東野幸治(47)に「コンビの解散なんかもうないですよね」と振られた松本は「そもそも口約束だからね」と笑いを取った後、「解散とか、コンビってそういう次元じゃないと思う。20年とかなると、そういうことでもないんですけどね」と持論を述べた。

 ナインティナインは矢部浩之(42)の申し出からコンビでの「オールナイト…」終了となった。松本は「ボケ」担当と「ツッコミ」担当によって温度差があると明かし、「ラジオで2人でやっているとボケは楽しい。ツッコミはだんだん冷めてくる部分はある。ボケほど満喫していないんじゃないかというのはある」と自身の経験を基に説明。自身はボケ担当だが、「ツッコミはお笑いに対して淡泊なところがある。ボケに比べるとね」とし、「そういう部分で矢部はもういいと思ったのかな」とラジオを卒業する矢部の心境を思いやった。

 そして「離れたほうが分かることもある」とコンビが別々に仕事をすることに理解も。最後は「俺はどっちかって言うと…いらんなって思う」とボケて笑いを誘った。
posted by everyone at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

2011年02月20日

安藤美姫が初優勝 浅田真央は2位



この2選手の滑り、他事をしながらチラッとテレビで見ました

やはりこの二人の演技がずば抜けて完成度が高い

技術の違いは知らないけど素人目で見ても綺麗だし楽しい


思ったのは二人とも気持ちが表情にすごく出ますよね

正直なのかわかんないけど悔しいときは思いっきり悔しい顔を見せるし作り笑顔は作り笑顔だと一発でバレる


安藤ミキティーは前向きなのか後ろ向きなのかよくわからない発言をするね

考えを言葉に直結させるのが苦手で気遣いも出来、それでいてかなりの照れ屋なんだろう

どうでもいいような無難な口先だけのコメントをしている


浅田真央ちゃんはメチャクチャ負けず嫌いだねー

ある意味アスリート向きでもあるんだろうね

一位じゃなきゃ絶対気がすまないというような

そして自分でハッキリとしたビジョンをもって自分がやりたいようにやるという性格でしょう


二人とも嫁に貰う男はかなりの器を要求されるな


どうですか私の理解力は

夫にするならこういう理解のある男でしょ


しかし残念ながら彼女たちは私のタイプではありません

私は自分の事を理解してくれる女性が一番好きですからね

仮に知り合ったとしても彼女たちは私のことを上から目線のつまらない奴だ

と思うに決まっています



posted by everyone at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

2011年02月18日

米書店2位ボーダーズが経営破たん、電子書籍普及で業績低迷



本の代替となる電子書籍が普及すれば書店等は何もしなければ当然業績が落ちますよね

経営者も常に危機感を持って先読みをしていかないと時代の波に飲み込まれるわけです

車の燃料もガソリンから電気になりますし他にも変わっていく物はたくさんあります


電子書籍の例では書店はIT化しなければ生き残れないということです

同じ事を続けていても大丈夫なんて業種は存在しないのかもしれません


同じ業種は数十年続けられれば長い方だと思います

もともと移り変わっていくことは当たり前ですからね

たかだか数年から数十年のキャリアであたかもそれが永遠に続くと錯覚している人もいっぱいいそうですが


そういう考えは現実的ではありません


posted by everyone at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

2011年02月15日

ソニー・エリクソン、プレステ機能付きスマートフォン「エクスペリア・プレイ(Xperia Play)」を発表



プレイステーションのソフトが遊べるという新型スマートフォン

残念ながら現行のPSPのソフトが動くわけではなく期待はずれなわけですが


15年前のゲーム機のソフトが公式に遊べるという仕様です

PS1のゲームが遊べるという機能は実は新しいアンドロイドOSに組み込まれる共通のコンテンツで

この端末でしか遊べないわけではないらしいです


では存在意義は何かというとゲームのコントローラーが付いているという点でしょう

タッチパネルの操作ではゲームは遊びにくいですからね

レトロゲーム好きにはいいんでしょうね


しかしPSPのソフトが動けば大ヒット間違いなしだったのに

開発者もゲーマーでもなければニーズを捉えられないのは仕方ないですが

機会損失と言いますか大きな商機を逃しましたね


新作ゲームが遊べるのとレトロゲームが快適になるのとの違いも分からないんですかね

経営的に見ていてもどかしい


まあ私も最近はゲームで遊んでいないのでどっちでもいいですが




posted by everyone at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

2011年02月03日

生々しいメールの「物証」 賭博力士も3人関与か



十数人の力士のメールのやりとりで発覚した八百長疑惑です

要はメールでの試合内容の打ち合わせですね

まるで映画のアクションシーンのように

それで勝ったり負けたりを調整していたのです、時には勝ち星の売買もあったようですが


一体それで力士にとって何のメリットがあるのかというと

仕事が楽だって事だと思います


どうせジジババしか見てないんだから真剣勝負なんかしても損だろって会合でもしたんですかね

それとも伝統的に行われていたのか


朝昇竜が引退したときに相撲が全然つまらなくなったってよく言われてましたけど

そりゃつまんねえわ

ただのデブが順番に土俵に上がってわざとコケての繰り返しですからね

一体どんなマニアがみるんだ?


そりゃジジババ客も帰って水戸黄門でも見てる方がはるかにマシだと思いますよね


どうせやるならセリフも入れてくれよ「チクショーおぼえてろよ!」とかね

それなら茶番としてまだ笑えるわ

でも無理ですねただのガッツポーズで事件になる世界なんですから


そういえば相撲なんて面白い評判を全く聞かないし

ワイドショーでどうでもいい茶番ばっかりやってるし

相撲なんかそもそも興味なかったわ



posted by everyone at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

2011年01月31日

日本、1-0で豪州下し優勝 アジアカップ



日本のサッカーってホントにレベルが上がってきてるんですね

昔はどちらかというと野球が盛んでサッカーの人口は他国に比べればそう多くは無かったと思います

それがJリーグが出来て10数年で世界レベルになってる

攻撃的なサッカー、見てて面白いサッカーで勝ったというのも良い事だと思います

やっぱり見てて面白くなきゃね、娯楽なんだし


それに引き換え日本の野球は何をだらだらとやってんですかね

半分ぐらいの時間で十分な内容でしょ


スポーツなんてただでさえ毎回同じで飽きるんだからもっとスピーディーにやればいいのに

アメリカのように半分マイナーリーグにした方がいいよ

そして嘘の演出でもいいから必死で慌わただしく

持ち時間をオーバーしたり不甲斐ないプレイをしたら即マイナー落ち


夢の舞台で活躍することは甘く無い方がいいんじゃないですか?

多くの人はキツイ仕事、やりたくない仕事をやってるのだから


人が演じる娯楽は一生懸命さ自体が娯楽でもあるんだから

もっと選手が必死になるようなルールや演出に変えるべきですね


posted by everyone at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | エンターテインメント

2011年01月27日

ゲーム専用機の真価問われる ソニー「NGP」、ライバルはスマホ?



携帯ゲーム機PSPの後継機がついに発表されました

どうやらかなりの高性能機のようで日本のゲーム機らしく、かなり先の年数まで考慮したスペックになっているようです

通信機能は3G回線とwifiを使い、画面は高精細で大きめです。

携帯回線を使うのに通話は出来ないみたいですってアホかw

まあタブレット的な使い方は出来るのでまあまあ


ニンテンドーの3DSとの競合ですね

成功するかどうかはソフトしだいでしょう、いつもどおり

価格はどっちみち最初高くて、数年後に落ち着く感じでしょうかね


あれ?これってPSPhoneとは違うんだよね?

posted by everyone at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

2011年01月20日

KARA 活動休止か 「人格冒涜」 所属事務所に契約解除要求



売れすぎて仕事を入れすぎで急がしすぎるって事なんでしょうかね

昔からタレント事務所はそういうとこあるじゃないんですか

儲かるからといって際限なく働かせようとしたんでしょう

寝る暇も食事をとる暇もなく過労で倒れるアイドルなんか昔からざらにいたと思いますしね


正直なめんなって事でしょう

ごく当たり前の反応だと思います


KARAはまっとうな働き方をさせてくれる事務所に移ればいいんじゃないですか?

個人の自由です

posted by everyone at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | エンターテインメント

2011年01月14日

フルハイビジョン3Dハンディカム、4月発売 ソニー



3Dで撮れる家庭用ハンディーカムの登場です。

これはいいですね

なにがいいってこれで3Dアダルトビデオの敷居が低くなって

いっぱい出てくることが予想されるじゃないですか

業務用機材は値段が高いだろうし。


それでどうなるかというとやっと3Dが一般に定着する

いつもそうでしたよビデオもDVDもハイビジョンもアダルトコンテンツが購買欲を沸かせて定着させてきた。

リアル感がある映像は見てるだけで楽しいし、それがエロならなおさら良しですね。

これでまた人生の楽しみが一つ増える。


posted by everyone at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

2011年01月10日

一生いつでも自由に映画を、米業界の新たな試み



購入した映画やコンテンツをネット上の共通のサーバからいつでもどの端末からでも見られるようにしようという構想ですね。

要はパスワードさえあれば携帯でもTVでもPCでもどこからでも見られるようにするということです

たしかに便利そうですね

今はネットコンテンツの過渡期なのか知らないですけど、著作権を無視したアップロードやP2Pなどのファイル交換が一部マニアの間で行われています。

おそらくそのせいでまともな有料コンテンツが成り立たない状況なのでしょう

今ある有料サイトは消費者の立場になっていないボッタクリや不確かで限定的なサイトばっかりです


しかし違法なダウンロードなどは見たいコンテンツが必ず見られるというわけではないし質が悪かったりもします。

しかも初心者や一般の人にとっては敷居が高く、違法行為のリスクもあって事実上コンテンツが無いに等しい状況になっています。

コンテンツが豊富で使いやすく所有権の残るクオリティーの高いものはこれから必要不可欠になってくるでしょう。

販売されたDVDなどの付加価値としてスタートして後々にはメインストリームとなればインターネットはもっと敷居が低く楽しいものになるのではないでしょうか。

ちなみに独自にわが道を行くアップルはやはり不参加だそうです・・・



posted by everyone at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

坂本龍一さん無料Live 世界がひとつに 韓国公演をネット中継



ネットを使って世界同時無料中継というライブですね

坂本龍一さんが北朝鮮と緊迫状態の韓国で世界の一体感を演出したコンサートをしました

さすがというか目の付け所がすばらしい企画ですが


私はなぜかこの情報を知りませんでした

テレビで宣伝していたわけでもないし、知り合いも知っていたわけでもないし

知っているのは一部のネット情報を見た人たちと口コミですかね?

良い企画だけに少し残念です


そりゃTV局は宣伝しませんよね。

自分とこの視聴率が落ちるわけですから


でもまた同じようなことをやる時は必ず見逃したくないですね

これから動画サイトをさがして録画を見ようと思います



posted by everyone at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

2011年01月08日

ナゼ? 少女時代は邦楽、KARAは洋楽のワケ



去年は韓国のアイドルグループが良く売れましたね

なんでも韓国ではCDを買うなんていう文化がそもそも無いそうで

海外に市場を求めてきている訳です


ここは単純にクオリティーの勝利だと思います

楽曲は明らかに日本のアイドルなんかより全然洗練されているし

ベタなオタク狙いのアイドルというわけでもありません

しかも腰を振っている割には若い女性を中心に受けています


才能を競ったり評価したりという文化が日本より正常に働いているのかもしれませんね

権力のある人が自己趣味ですぐにTVに出して売り出したり、

知り合いの能無しミュージシャンに情けで作曲や演奏をさせたり

身内だけでやっている腹黒感はありますね日本は

文化の構造の面でそもそも勝負にならないのでしょう


世間の反応は正直でしたって事で


それをちゃんと評価して受け入れる日本人もやはりすばらしいと思います

まだまだ捨てたモンじゃありませんね


posted by everyone at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

麻木久仁子が無期限活動休止 事務所「降板ではない」



麻木さんは周囲の視線が変わって居辛くなったんだろうね

芸能界はそういうところだから仕方ないとも思う

華があって他の辛い労働に比べりゃそりゃ楽に金儲けが出来る

そのかわりプライベートはあまりないし、何かちょっと目立つことをすればマスコミが騒ぎ出し世の中の人の視線にさらされる

大桃もちょっと手が滑ってツイッターに書いてしまった事も後悔してるだろうし、たいして悪くは無い

じゃあ誰が悪いのかと決めなければならないのなら、

別に大して面白くも無い事で騒ぎ出すセンスの無いマスコミ。

面白いのならまだいいよ

過去の話しだし別に面白くも何にも無い内容だよこれ

騒ぎ立てるのが商売だとしてもチョイスが下手。無能だね。


あと世間一般の烏合の衆

世の中の大半の奴らはバカだとは思ってたけどやっぱりバカだ

人間ていう生き物は集団になると本当にバカになる

知能が無くてバカな奴ほど何かを主張したがるからね


世の中の賢い人はもっと主張するべき

アメリカ人なんか全員自己主張の塊じゃないですか

良くも悪くもありますけど


賢い人が主張をしなければ世の中が悪い方向に進むのは明らかでしょう

暴動を先導するのはバカなのですから


posted by everyone at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント

タブレット端末、乱戦模様 CESで新製品相次ぎ発表



近年急速に開発が進むスマートフォンやタブレットPC、

そしてこれからでてくるであろうスマートTV等

GoogleのOSアンドロイドが実用レベルになったため共通プラットフォームとして照準が合わせられ

今年はさらに急ピッチで開発が進むと思われます

携帯電話の電波も高速化が進んでおり着々と準備が整ってきていると思います

いまいち使いづらかったスマートフォンも改善される年になるでしょう


と同時にそういうものに飽きてきている自分がいます

もっと違った物で面白い物は出てこないかを期待してしまいます

人間は貪欲ですからね


できれば安全に空を飛べるタケコプターがそろそろ欲しいところですね


posted by everyone at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント