2011年02月24日

「最後の血の一滴まで戦う」、カダフィ大佐が徹底弾圧を宣言



リビアの権力者が反体制運動を続ける国民に向けてTVで演説をしました

デモが起これば武力で徹底弾圧するという内容です


こんなとき反体制派はどうするべきなのでしょうか


私は活動を止めるべきだと思います

まず相手は本気ですし盛ったハッタリだとしても武力による大勢の死者が出るでしょう

体制は直ちに変わるか時間をかけて変わるか、その違いしかないのですから

なにも先を急いで命を捨てる事はありません

玉砕は戦術として考えても最も愚かだと思います


強い戦い方というものはいろんなものに共通していると思いますが

相手との距離感でしょう

相手が向かってくれば引いて受け流す、相手が引けば追い込む

そうしたせめぎ合いの中、距離とタイミングを制した側が勝つものなのです


今は一旦引いてかわすのが正解だと思います


そして裕福になりたい人は安全な場所で一生懸命に働きましょう

命を捨てる価値なんて無いですよ

と彼らに言ってみたいですね

posted by everyone at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43561679

この記事へのトラックバック