2011年02月14日

米粉を使った即席麺発売 農水省も“後援”



日本は昔から稲作が盛んで資産=米という時代が続いていたほど米が根付いた国です

開けた平地には田んぼが延々と敷き詰められていますね

米を作る環境や設備が完全に整っているわけです

それを今更小麦に変えるなんてことは不効率極まりなく


食料を自給するなら主食の炭水化物は米以外にはありえません


世界的に食糧不足が懸念される未来に向けて

食料自給率を上げようという動きが高まってます


日本の粉もの文化は海外から輸入を強いられた小麦粉で育ってしまったため

米粉を使うバリエーションが育っていませんが

米粉を使った製品を積極的に使用しようという動きも強まっていますので

あらゆる粉もの食品を米で代用してみてはどうですかね


それは流行に乗せた商機でもあると思います

パンやたこ焼きや麺類に限らずね

ベトナム料理のような米粉の性質に合った新しい料理を作り出すことが出来れば大成功でしょう

posted by everyone at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43424108

この記事へのトラックバック