2011年02月13日

カイロのタハリール広場、徐々に普段の姿に



ムバラク大統領が辞任し一段落着いたエジプトですが

デモを起こした市民は何がしたかったのでしょう


大統領が選挙によって選ばれる民主化でしょうか


しかし彼らが抱えていた不満はそれで解消されるのですかね?


ただ勝ち負けの勝負に勝ってそれに酔いしれているだけのようにも見えます


もちろん暴動を起こすような強引な手法は民主主義的ではありませんし

彼らの不満である格差問題も民主主義では当然起こります

それにやり方は他にいくらでもあるのです


おそらく権力を持ったトップの人間を降ろせば生活が変わり良くなるのだろうという短絡的思考なのでしょう


改善すべきは彼らの他人に依存する考え方と集団イデオロギーに酔うという知性の低さでしょう

そういえば数十年前の日本で起きた暴動も似たようなものでしょうね

posted by everyone at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43402942

この記事へのトラックバック