2016年03月22日

携帯電話大手3社が2年縛りの見直しに乗り出す

携帯大手の「2年縛り」是正策も期待外れ 現行より割高の場合も
携帯大手キャリアのやりたい放題の価格設定は何なんですかね?

今度は2年縛りのエゲツなさを政府に指摘されたので、それを無くす代わりに毎月の料金を上げるという愚策。
なんと2年以上使うと以前の解約料を払う場合よりも支払い金額の合計が多くなるのです。

そういう事に疎い人達からぼったくろうとしてるのが透けて見えます。
総務省の指摘もこういう抜け道も想定できない程のザルですね。

公共の電波を利用させてもらう立場の企業なのにカルテル談合も明らかなのでは?

こんな無駄に複雑で消費者が損ばかりする契約内容ならMVNO格安SIMにする以外にどうしろというのですかね?

キャリアの分割払いのサイクルから抜け出してさっさとSIMフリー白ロム端末でも使うのが賢明です。

posted by everyone at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174578718

この記事へのトラックバック