2014年09月15日

デング熱短時間で感染を判定できる検査キット

国内でデング熱の感染が拡大するなか、短時間で感染を判定できる検査キットを医療機具開発のベンチャー企業「バイオメディカル研究所」(千葉市中央区、宮崎功社長)が開発した。来春の販売予定だが、このところの感染拡大で問い合わせが急増。宮崎社長は「迅速な検査で感染拡大を防ぐことができる」と自信をみせている。

【関連】デング熱、住民に動揺広がる

 同研究所は2011年1月、検査キットなど体外診断薬の開発や販売を行うベンチャー企業として設立。デング熱など熱帯病研究の専門家である宮崎社長自ら、千葉大学と共同で検査器具の開発を行っている。

 開発に成功したデング熱判定検査キット「RapiDeng Ag(ラピデング・エージー)」は、長さ約10センチの細長い検査紙に抗体を埋め込んだ。妊娠検査薬などと同じ「イムノクロマト方式」を採用し、患者の血液を数滴垂らすと、陽性の場合約10分ほどで赤いラインが表示される。精度はおよそ90%と高い。

 現在、デング熱の判定検査の主流は、ウイルスの遺伝子を抽出するPCR方式。精度はほぼ100%だが、結果が出るまで数日かかるうえ、費用も約1万円と高額。宮崎社長は「検査結果が出るころには回復している人が多い。すぐ結果が出れば、蚊帳をかけるなど感染拡大を防ぐ対策が取れる」と指摘する。

 また、病名を正確に把握することは、患者への適切な処置にもつながるという。デング熱には、アスピリン系解熱剤など症状を悪化させる禁忌薬がある。国内患者数は2〜3人とごく少ないが、蚊が媒介する熱帯病「チクングニア熱」「ZIKA」は、40度近い高熱と全身痛などの主症状がデング熱と酷似する。

 価格は1台約千円を予定。来春にも病院、保健所などへ発売を開始する予定で準備を進めているが、このところの国内での感染拡大を受け、関係機関から問い合わせが急増しているという。

 宮崎社長は「迅速かつ正確な検査を基に正しい治療法を行うことが、デング熱の感染拡大を防ぐ第一歩」と話す。
posted by everyone at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103644792

この記事へのトラックバック